弔問のマナーとは

弔問のマナーとは

弔問は、故人・ご遺族の元へ駆けつけることです。
弔問の際は、平服でもいいのですが、色が明る過ぎたり、派手なものは避けなければいけません。そして、お手伝いの人以外は、早めに退却した方がいいようです。

 

また、どうしても弔問に参加できない人は代理人を立てます。
代理人は自分が代理人であることを遺族に伝え、代理人を立てられない時は
弔電を打ちます。

 

故人との対面は、ご遺族から申し出を受けた時だけ対面することが出来、
自分から申し出るのはできません。
もし、顔を見るのが辛い場合は丁重に断ることも出来ます。
まず、故人との対面は、枕元に正座して遺体に向かって一礼。遺族が顔の白布をとったら、合掌し冥福を祈ります。そして遺族に一礼して後ろに下がるようになっています。
供花・供物は、注文していいのかご遺族に聞いておきましょう。

 

葬儀社に依頼する、もしくは花屋に依頼する時には、注文ミスも考えて、メモ書きなど残しておくと良いようです。
弔問に参加する人は、あくまで親戚や故人と親しかった人たちなので、仕事関係や友人は通夜から参加するのがマナーとなっています。