火葬の準備とその流れとは

火葬の準備とその流れとは

葬儀が終わると、故人を送り出し、参列者と共に、その足ですぐに火葬場に行き、火葬を行ってもらいます。
役所に死亡届を提出し、そこで貰った火葬許可書がなければ火葬は出来ませんので、
事前に役所に行ってもらっておかなければいけません。
そして、火葬炉の前で納めの式を行い、皆で合掌して最後に棺を送りだします。
これが、故人との本当に最後のお別れとなります。

 

火葬が終わると骨上げをして、遺骨と火葬許可書を受け取ってから、自宅に帰ることになります。火葬が終わり、火葬場から戻ったら家に入る前に必ず清め塩をしてもらいます。
葬儀もすべて終わり、遺骨迎えをして還骨回向を行い、そして初七日が経てば初七日の法要の営みをすることになります。

 

 

葬儀を行ってもらった僧侶には、還骨回向の後、しっかりとお礼を述べて、
精進落しに出席していただきます。僧侶への対応は、
最後までしっかり務めなければいけなのですが、精進落としに出席後は「御車代」のみを
渡して、精進落としに出席していただけない場合は「御車代」と「御膳料」の2つを用意し、手渡します。