増えてきた家族葬

増えてきた家族葬

葬儀というものは、大規模なセレモニーなのでたくさんの参列者という考えがありますが、しかし、これは単なる固定概念にすぎず、
たくさんの参列者が参加するということが、葬儀で重要なことではないといえます。

 

 

葬儀に対しては、親戚や生前親しかったごく人だけを招く家族葬が増えてきて、
ここ数年でずいぶんと葬儀に対する意識は変わったようです。

 

昔の葬儀というと、大きく費用が掛ってしまうのが負担となっていて、
たくさんの参列者を招いて通夜から葬儀までと、何かと準備が忙しく、
故人との最後の別れもろくにできないというのがありました。

 

こうしたことも家族葬に変えるだけでうまく解消でき、遺族は精神的にも楽になります。
こうした事を受けて、葬儀社も小規模のセレモニーの家族葬を準備し、大規模なセレモニー以外の準備もしているようです。

 

どちらの葬儀が良いかは、メリットとデメリットを考えながら
選択したいものですが、大規模なセレモニーを選ぶ人は、
会社役員や有名人が多く、家族葬を行う人は、
どちらかというと一般家庭が多く、稀に芸能人も行っています。

 

tokyo apartment