通夜、葬儀、告別式に参列する時は

通夜、葬儀、告別式に参列する時は

通夜に行った時には、お香典を受付に差し出し、自分の名前を記名します。
記名後は席に着席し、僧侶が来るのを待ちます。
僧侶が来て読経が始まったら、喪主・血縁の濃い順の遺族・世話役・知人など、
故人と関係の深い順に焼香をあげていきます。

 

宗派によっては回数にこだわらない場合もあるのですが、
焼香の基本は、礼拝の後、3回香をつまみます。
焼香がわからない場合は、前の人が行ったのを参考にすると
良いようです。
通夜は、宴席とは違うので長居をしないで帰るというのが
鉄則ですが、遺族のお礼の気持ちが込められているので、
振る舞いに招かれた時は気持ちよく快諾し、参加するのがいいようです。
そして、通夜が終わったら葬儀・告別式を行います。

 

通夜に参列していない人は葬儀の時にお香典を出し、
通夜に参列していて、香典を差し出している人は記名だけします。
記名後は、通夜と同じで着席をして読経、焼香という流れになります。
告別式の後は、出棺を見送り、最後まで参加するようにしましょう。
そして、霊柩車が動き出したら合掌をして、
故人の冥福を祈ります。