キリスト教葬儀の準備と流れ

キリスト教葬儀の準備と流れ

キリスト教葬儀は、前夜式をして葬儀・告別式、そして火葬という流れになっています。まず、前夜式の準備として祭壇に飾る遺影と供花を手配し、親族は喪服に着替え納棺には、僧侶ではなく神父(または牧師)が立ち会うことになります。

 

 

祈りを捧げた後に白い花で遺体の回りを埋め、黒布で棺を覆い十字架を乗せて納棺が完了となります。弔問客に出す茶菓子は、前夜式が終わってから故人の思い出話をしながら楽しむものなので準備をするのは前夜式が終わってからにしましょう。

 

 

前夜式での流れは、聖歌(または賛美歌)の合唱→聖書朗読→神父(または牧師)の言葉→祈りの後に献花という順になります。前夜式の次は、葬儀・告別式です。確認しておくことは火葬場へ移動する際の配車台数の確認、弔電を読み上げる枚数と順序の相談、教会へのお礼や関係者への心付けの用意はちゃんと出来ているか…ということです。火葬場へ同行する人数が多く、配車台数が足りなかった…なんて失礼にあたる行為は絶対に避けなければいけません。葬儀・告別式を行う教会へ棺を移動する際は、神父(または牧師)に出棺の祈りをしてもらうのが決まりとなっています。

 

 

神父が入堂したら開祭の言葉を述べ、言葉の典礼→感謝の典礼→赦祷式(しゃとうしき)→聖歌の合唱でミサという順で行われ、神父が退場したら葬儀から告別式へと変わります。告別式が終了したら火葬ということになるのですが、カトリックでは棺を火葬炉の前に安置し、十字架や生花を飾り神父(または牧師)が祈りを捧げてからです。

 

 

火葬許可書を提出し、終わった後は遺骨と火葬許可書を受け取り、自宅に持ち帰ることとなります。