キリスト教葬儀に参列する場合

キリスト教葬儀に参列する場合

キリスト教葬儀に参列する際、服装としては喪服または男性ならばダークスーツで靴下の色は黒、女性ならば黒系の地味なスーツもしくはワンピースで黒いストッキングだと可能です。また、バックや靴に関しても金具が付いていない黒色のものが好ましく、アクセサリーに関しては真珠のみがOKとなります。

 

 

お香典の表書きには「御ミサ料」(カトリック)・「御花料」(プロテスタント)、あるいは「御霊前」と書くようにしましょう。お香典を持参する際には裸のまま持っていくのではなく、弔事用のふくさや小風呂敷などに必ず包むようにしましょう。金額に関しては故人との関係の深さや弔問客の地位的なものを基準とし、それ相当な額になるようにしなければいけません。

 

 

まずは前夜式ですが、受付にてお香典を差し出した後に記帳をし、着席します。前夜式では聖歌(または賛美歌)の合唱・聖書の朗読・祈りの後に献花が行われるようになっています。ちなみに献花の手順は初めに遺族に一礼→花が右を向くように受け取る→花が手前になるように回す→遺影に向かって一礼し、両手で捧げる→後ろにさがって、一礼をして次の方と交代になります。葬儀・告別式から参加する方は、受付にてお香典を差し出し記帳をしなければいけませんが、前夜式から参列している方は記帳のみをして着席となります。

 

 

葬儀では、哀悼の意を表す意味で献花を行います。また、告別式終了後は、出棺を見届ける為に最後まで参加するのが礼儀です。霊柩車が出たら合掌をし、故人の冥福を心から祈るようにしましょう。