通夜の準備とその流れ

通夜の準備とその流れ

弔問が終わったら次は、通夜の準備をしなければいけません。葬儀社にも手伝ってもらうとスムーズに進められるかと思います。まず通夜の準備の前に神棚封じをし、仏壇を閉めなければいけません。それが終わったらいよいよ準備に取り掛かりましょう。

 

 

玄関先に忌中札を貼り、納棺を行い、僧侶に戒名を付けてもらわなければいけません。参列者が見える前にご遺族は喪服に着替えるのも忘れてはいけません。その後、故人の遺影・会葬礼状・粗供養品、通夜振る舞いの料理・飲み物・僧侶へのお布施などの準備もしなければいけませんが、分からないことなどがあれば葬儀社にいろいろと相談しながら進めることもまた大切なことだと思います。自宅で葬儀を行う際は、祭壇を飾る部屋を決めなければいけません。弔問客のために道順表示や立看板を立てたり、座布団や湯飲み、お茶菓子などを準備する必要もあります。

 

 

また、駐車場など限られている場合は、近所の迷惑にもなり兼ねないので斎場で葬儀を行うことをおススメします。通夜の際は、祭壇に向かって右側に喪主・遺族・近親者が座り、焼香は喪主・遺族・近親者・弔問客の順に行います。通夜が終わり、僧侶が変えられる際には「御車代」を渡すのが基本です。また、勧めていた通夜振る舞いをお受けにならない場合は、「御膳料」も一緒に渡します。通夜振る舞いには簡単な食事(サンドウィッチやお寿司といったつまめるもの)とお酒・ビール・ジュースを用意しておくようにしましょう。また、スーパーなどのオードブルなども良いのではないでしょうか。