葬儀の準備とその流れ

葬儀の準備とその流れ

葬儀をするにあたって、事前に葬儀社と打ち合わせを済ませておかなければいけません。打ち合わせの内容としては供花・供物の配置、焼香の順番、弔電の披露、火葬場へ同行する人数と配車台数、精進落としの料理などなどです。

 

 

打ち合わせというよりも最終確認といった方が正しいかもしれませんね。僧侶へのお布施や心付けを準備し、親族は喪服へ着替えて準備完了となります。葬儀・告別式では、祭壇に向かって右側に喪主・遺族・近親者に座り、僧侶の読経が始まります。読経が終わると弔辞・弔電の披露をし、線香となりますが順番は喪主・遺族・近親者です。その後、出棺となりますがこの時間が故人との最後の対面となります。別れ花や故人の愛用品を棺に入れて分かれとなります。

 

 

出棺は、遺族の男性の手で遺体の足の方を先に運び、火葬場へと行きます。最後に、喪主または遺族代表が弔問客に挨拶をして、葬儀は終了となるのです。