いざという時の為に喪服の準備を

いざという時の為に喪服の準備を

何かあった時の為に、喪服は一着は持っておきたいものです。
病気や老いでなく、事故で亡くなるということもあり、
突然、葬儀になることも珍しくないです。
葬儀の場合は、結婚式とは違って予定なく行われます。

 

こうした事を考えて、準備しておくのも大人としてのマナーと言えます。

 

これから喪服を購入するという人の為に、
男性、女性の喪服を選ぶ時に注意するところをそれぞれ紹介しますので、
是非、参考にしてみてください
まず男性の喪服は、ブラックスーツに白のスタンダードシャツ、黒のネクタイ、黒の靴下、金具の無い黒の革靴が基本になります。ブラックスーツは、シングルとダブルがあり、
3つボタンのものよりも2つボタンのものをお勧めします
そして、ボタンダウンなどは不可です。

 

 

女性の喪服は、黒のワンピースやアンサンブル・スーツ、黒のストッキングになります。靴はあまり高くないシンプルな黒ヒール。気を付けるのは、光沢の無い生地でボタンや飾りにも光るものが付いていないこと。バックは革製でも無地でも、とにかく光りものが付いていなければ大丈夫です。
スカート丈が極端に短かったり露出が多いものも避けた方が良いですね。
女性の場合、どんな季節でも着用できるものを選ぶ方が良いようです。