葬儀別の法事・法要

葬儀別の法事・法要

仏式葬儀は葬儀の後、初七日から七日ごとに四十九日まで供養しなければいけなく、最後の四十九日には忌明けの法要を行います。納骨・埋葬は、四十九日の法要後に行い、一周忌を迎えた後は年忌法要を営まなければいけません。

 

 

一方、神式葬儀では葬儀の翌日に翌日祭を行い、故人を偲ぶために五十日祭まで十日ごとに毎十日祭を開く必要があります。そして五十日祭の翌日に清祓の儀を行い、忌明け…とここまで行うのです。また、カトリックでは亡くなった日を召天記念日と称し、死後3日目と7日目と30日目と毎年の召天記念日には、教会で追悼ミサを行い故人を偲びます。遺骨を埋葬するのは、7日目か翌月の召天記念日と定められています。

 

 

他にもプロテスタントでは、死後7日目か10日目、もしくは1ケ月後の召天記念日に追悼ミサを行うことになります。カトリックとは違いプロテスタントの場合、遺骨の埋葬は特に決まりはないのです。法事・法要に招かれたら、相手のことを考え早めに出欠の連絡をするようにするのがマナーです。服装に関しては三回忌までは略式喪服、もしくは色やデザインが地味なもので参加すれば問題は無いかと思います。また、出席する際には、お供えの金品を忘れてはいけません。