葬儀の流れ

葬儀の流れ

葬儀をするには、事前に葬儀社と打ち合わせを行います。
打ち合わせをする内容は供花・供物の配置、焼香の順番、弔電の披露、火葬場へ同行する人数と配車台数、精進落としの料理などになり、
細かな打ち合わせとなります。

 

これは打ち合わせというよりも、どちらかというと葬儀の為の最終確認といえます。
そして、打ち合わせが終わると、僧侶へのお布施や心付けを準備して、親族は喪服へ着替えます。
葬儀・告別式では、祭壇から右側に喪主・遺族・近親者が座ります。
僧侶の読経が始まり、読経が終わると弔辞や弔電の披露をします。
それから線香となりますが、線香をする順番は喪主・遺族・近親者となります。
一連の流れが終わった後に、その後、出棺となりますが、これが故人との最後の対面になります。
別れ花や故人の愛用品をなど、故人にゆかりのあるものを棺に入れて
最後の別れとなります。

 

出棺は、遺族の男性が遺体の足の方を先にして霊柩車へと運び、
火葬場へと行きます。火葬が済むと、最後に喪主、
もしくは遺族代表が弔問客に最後の挨拶をして、葬儀は終了となります。

 

ガラスコーティング 東京
車のガラスコーティング・ポリマー加工・コーティングが 自分で出来る通販