葬儀に対するイメージ

葬儀に対するイメージ

人はふいに命を落とすものです。病気、事故、寿命、などなど簡単に亡くなってしまう人間の命のはかなさを葬儀にて実感してしまいます。葬儀という字体は嫌いではありません。どことなく綺麗な熟語であると感じている葬儀ですが、私が葬儀に対して幻想を抱いているからかもしれません。

 

外国によっては、亡くなった人物を鳥が多い場所に横たわらせて鳥に食べてもらい、鳥と共に空を飛ぶ鳥葬、という葬儀がありますがそのような葬儀も悪くはないと思っています。どことなく幻想的なイメージがある葬儀です。

 

葬儀のイラスト

 

日本の葬儀においては、死者が花で沢山飾られてとても綺麗です。花輪をどん、と飾るのが日本の葬儀らしいな、と思うのですがどことなくパチンコの開店の賑やかな連想をしてしまいます。白、黄色、紫などの花が葬儀では咲き乱れ、その菊に近付いてみると良い香りが香るものです。

 

洋風の花との香りがやや違うので、菊を嗅ぐと葬儀の連想をしてしまいます。葬儀に参加をするとお弁当がふるまわれることがありますが、なんとも豪華なお弁当であり、亡くなった人は食べる事ができないのだなという現実に少し悲しくなってしまいます。

 

ティーシャツならClubT