無宗教葬儀はしきたりに捕らわれないからこそ気を付けたい

無宗教葬儀はしきたりに捕らわれないからこそ気を付けたい

無宗教葬儀という葬儀があることを知っていますか?簡単に説明すると、形式に捕らわれず自分らしい葬儀を行うことを言います。しかし、形式に捕らわれていないからといって何でも自由に出来るというわけではありません。

 

 

無宗教葬儀だからこそ気を付けたい点はたくさんあるので気をつけましょう。まず、自分の意思を家族に伝えなければいけません。また、なぜ無宗教葬儀にするのか、その趣旨や意向などを葬儀社に相談しておく必要もあります。無宗教葬儀といっても必要なものは必要です。

 

 

火葬・埋葬許可書を発行してもらう為にも医師が作成する死亡診断書は、必ず忘れてはいけませんよね。密葬の後に開かれる偲ぶ会・お別れ会では、生前付き合いがあった人たちを招くことになります。遺骨と遺影を飾り、冥福を祈りながらするパーティー式の葬儀と考えてください。

 

 

偲ぶ会・お別れ会はホテルで行われるのが一般的ですがホテルでは焼香もできないので、献花が代わりとなります。また、生きているうちに行われる生前葬というのもあるのですが、「元気で生きているうちに、お世話になった方々に、お礼を述べたい。」 という目的で行われるようです。本人が高齢であり、健康でいなければ生前葬を行う必要は無いでしょう。