臨終から葬儀を行うには

臨終から葬儀を行うには

危篤に陥りそうになった時は、時間があればやっておきたいこといくつかあります。
まず、家族や親しかった人に連絡をし、お別れの為に集まってもらいます。
もし、危篤者がキリスト教徒であれば塗油の秘跡や聖餐式を行う必要があります。
しかし、日本人は仏教か無宗教の人が多いので、あまり行う人は少ないかもしれません。

 

 

また、通帳も一度閉鎖されてから預金を下ろすと面倒な手続きがあるので、あらかじめ引き出しておくことも大切になります。

 

遺言も事前に聞いておく必要があり、もし無いとなれば、一般危急時遺言が認められます。一定の条件を満たしていれば、危篤の状態でも遺言を残せるそうです。

 

そしてご臨終となると、死亡診断書を作成後に葬儀社に連絡、遺体を通夜の場所へ搬送します。葬儀社とは喪主・世話役代表・葬儀の規模など葬儀の具体的なことを決めていきます。
それから遺体を北枕にし、枕飾りを用意して枕直しの儀も行います。
納棺の際は、遺体を清めるために湯灌・死化粧をして、
死装束を施さないといけません。

 

死亡の連絡は葬儀の日程が決まってから報告をしますが、出来るだけ早めに来てほしい
人はすぐに連絡します。
葬儀社の方がいろいろと手配をしてくれますが、新聞紙に死亡広告を出すのも引き受けてくれます。また、役所に死亡届を出して、火葬許可書を貰って火葬手続きも忘れないようにしないといけないですね。