弔問の基本的マナーと気を付けたいところ

弔問の基本的マナーと気を付けたいところ

弔問は、訃報の知らせを聞いたら故人・ご遺族の元へ駆けつけることを表します。お手伝いをする人以外は、早めに退却するのが望ましいです。弔問の際は、平服でも構わないのですが、色が明るめだったりデザインが派手なものは避けるようにしましょう。

 

 

また、都合が悪くどうしても弔問に参加できない…という人は代理人を立てます。代理人は必ず、ご遺族に自分が代理人であることを伝えようにしますし、代理人を立てられない場合は弔電を打つようにします。故人との対面は、自分から申し出るのは厳禁となっています。ご遺族から申し出を受けた場合にのみ対面することが出来るのですが、顔を見るのが辛いという場合は無理をせずに丁重に断ることも出来ます。故人との対面の基本的な流れとしては、枕元に正座し遺体に向かって一礼→遺族が顔の白布をとったら、しばらくの間対面し合掌し冥福を祈る→対面が済んだら遺族に一礼して後ろに下がる…となっています。供花・供物は弔問でなく、通夜に間に合うように手配すればいいのですが、ご遺族が受け付けていない場合もあるので注文していいのか事前に聞いておくようにしましょう。

 

 

葬儀社に依頼するのも良いですが、花屋に依頼する際、注文ミスが起こらないようにメモ書きなど何かしら残しておくと良いでしょう。最後になりますが、一般的に弔問に参加する人は、親戚や生前故人とごく親しかった人たちが集まりますので、仕事関係や友人などの場合は弔問には参加せずに通夜から参加するのが一般的マナーです。