家族葬のメリットとデメリット

家族葬のメリットとデメリット

ここ数年の間で増え続けている家族葬には、たくさんのメリットがあります。家族葬は、親戚や生前親しかった限られた人たちだけで行われる為、故人との別れの時間を長く取ることが出来ます。

 

 

また、参列者の人数が限られていることから供養品や食事の数なども少なく出来るので経済的にも助かりますし、親戚や親しかった人たちだけということもあり、気を使うこともあまり無いので精神的にも肉体的にも遥かに楽だと言えます。しかしメリットがある分、デメリットが生じるのは仕方のないことです。家族葬に挙げられうデメリットとしては、葬儀が終わった後に訃報を知った人たちへの対応はもちろん、訃報を知った人たちが家にお線香をあげに来ることも十分に考えられます。あらかじめ、葬儀前に故人が亡くなったことと家族葬で済ませることは報告しておいた方が良いかもしれません。
横浜の葬儀 葬式 家族葬は横浜メモリアルへ

 

他にも訃報を聞いて葬儀に参列しに来る人が多く、予定していた参列者の数を超えてしまった場合、座る場所や食事の用意が出来ていないと失礼にあたります。メリットがたくさんあるように思える家族葬も予想外なことが起きるとデメリットになり兼ねません。そういった点では、葬儀社などと相談しながら決めるのも大事ですがやはり1番は故人の遺志を尊重することが大事なのではないでしょうか。この点に関しては難しいところなのでよく考えた方が良いかと思われます。