喪服の選び方と気を付けるポイント

喪服の選び方と気を付けるポイント

喪服は出来れば少なくとも1着、持っておくと何かあった時に必ず役に立ちます。葬儀の場合、結婚式とは違い予定なく行われることがほとんどです。突然、明日葬儀になることも珍しくないですよね。病気や老いが原因でなくても事故などで亡くなることはあります。

 

 

それらを配慮し、準備しておくのも大人としてのマナーとも言えるのではないでしょうか。男性と女性の喪服を選ぶ際の注意するところをそれぞれ紹介したいと思います。これから喪服を購入するという人は是非、参考にしてみてください。まず男性の喪服の基本は、ブラックスーツに白のスタンダードシャツ、黒のネクタイに黒の靴下に金具の無い黒の革靴です。ブラックスーツは、シングルとダブルがありますがどちらにしても長年着用するのであれば3つボタンよりも2つボタンをおススメします。気を付けなければいけないポイントとしては、ボタンダウンなどは不可というところです。

 

 

また、女性の喪服の基本は黒のワンピースやアンサンブル・スーツであり、黒のストッキングを着用します。靴は3〜5センチのヒールのシンプルな黒を選びます。気を付けなければいけないポイントとしては、喪服は光沢の無い生地でボタンや飾りにも金属などの光るものが付いていないことと、バックは布製が好まれますが革製のものでも無地で光りものが付いていなければOKです。女性の場合、1着で済むようにフルシーズン着用できる喪服を選ぶことをおススメします。また、スカート丈が短かったり露出が多いものは避けるのが無難です。