神式葬儀を行う為に必要なこと

神式葬儀を行う為に必要なこと

神式葬儀を行う際、まずは通夜祭の準備から始めなければいけません。通夜祭の準備として神棚封じ→祖霊舎に死亡を報告→白紙を貼ります。また、帰幽奉告の儀を行い、遺体を棺に納める納棺の儀を行うことも忘れていけません。

 

 

柩前日供の儀が、出棺まで毎日朝夕に行われその際の親族の服装は喪服と決まっています。準備が終われば通夜祭の始まりですが、マナーとして祭壇前に座る前には手水の儀を行う必要があります。斎主が祭詞を唱え、誄歌(るいか)の奉楽のあと玉串を捧げるのに続いて親族も玉串を捧げて拝礼します。次に葬場際・告別式の準備に取り掛かる必要がありますが、この際、供花・供物の配置、玉串奉奠の順番、弔電の披露、火葬場へ同行する人数と配車台数、帰家祭後の食事など葬儀社や世話役の人と最終確認をします。

 

 

葬場際・告別式が始まる前に親族は、喪服に着替えるようにしましょう。そして火葬となるのですが手水の儀を行ってから、火葬場に入場することになります。斎主が修祓の儀を行い祭詞を奏上し、喪主・遺族・近親者の順に玉串奉奠を行います。喪主・遺族は弔問客が玉串を奉げる度に、一人一人に黙礼しなければいけません。出棺までの間が故人との最後の別れになりますが、この時に故人が生前愛用していたものなどを一緒に納棺して挙げると良いでしょう。

 

 

出棺後は、後祓いの儀を行います。火葬許可書を係の人に提出し、火葬炉の前で炉前祭を行い、火葬となります。火葬後は骨上げをし、遺骨と火葬許可書を自宅に持ち帰ることになるのです。火葬の当日に埋葬祭を行うのが一般的でしたが、五十日祭(忌明け)の後に埋葬する場合もあるので事前に確認しておくようにしましょう。